遺品整理や生前整理などのお片付けでのアツいでき事

 

 

こんにちは公福舎隊長の長戸です

 

 

本日は、伊勢市内にて奥様が亡くられた方からのご依頼で

 

見積り

即決定

 

 

という形で起こった遺品整理作業でのできごとです

 

どういう形であれ、遺品整理や生前整理などのお片付けの即日OKを頂けるというのは信頼関係の何物でもないと熱く強いやりがいを感じます

 

施主様宅の中庭は、キレイに駆られた芝生が敷き詰められ、車庫は頑丈なコンクリートで守られ、家の中は施主様と亡くなられた故人の人柄を彷彿させる”整理整頓”がなされて、とても作業が行いやすかったです

 

 

そのようなお片付け作業の状況下、3枚の写真を目にしました

 

それは、故人が抱く産まれたてのお子様との2ショットが2枚と、七五三時のショットが一枚

 

見積り時、

 

 

「全て廃棄してください。もうこの家の中には必要なモノはないので」

 

 

と言っておられた80歳強の施主様

 

 

アルバムなどの場合は正直、中身が見れないので作業としては処分と区別した割り切り作業に支障はありません

 

しかし直に、カラーB4サイズで押し入れから3枚出てきた暁には廃棄処分という選択肢意識には全くなれなかったです

 

 

微笑ましい笑顔

苦労してきた背景

どんな時も壊れない絆

私も感じる親としての子を思う感情

 

 

写真から垣間見える親と子供の感情に胸が打たれたのです

 

 

現場確認をして頂く際にエントランスに写真3枚を置いてあり、コトの事情を説明しました

 

 

 

この先は拝読している方もご想像がつくかと思いますが、涙涙

 

お互いが涙涙

 

 

これ以上は書けません・・・・・

すみません・・・・

 

 

 

 

 

上下写真は、物置の中身のビフォーアフターです

 

 

 

 

意外とあるものです

この計算を見誤ると、見積り側としては結構痛手です

 

 

 

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎

 

 

 

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る
topページへ戻る
お問い合わせ
メールでお問い合わせ