秋のお彼岸も過ぎまして

 

こんにちは、公福舎です。

 

夏が過ぎ、過ごしやすい季節がやってきました。

 

このブログを今回から書かせていただく事になりました

営業部長の植松と申します。

まだまだ元気いっぱいの35歳です!(^^)!

皆様よろしくお願いいたします。

 

このお仕事とても、、、大変です。

ですが本当に感謝されるお仕事です。そこがやりがいであり、

 

「公福者さんに頼んで良かった」

 

と言って貰えると疲れなんて忘れます!

 

遺品整理でも生前整理でも様々な形があり様々な想いをもたれています。

 

 

 

その思い出のお片付けに携われることは嬉しくもありますが身が引きしまる思いでもあります。

 

私達はお客様の大切な思い出と一緒にその時を振り返っています。

その気持ちを忘れずにこれからもお客様に寄り添っていければと思います。

 

今日はこのあたりで。

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

 

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

夏の遺品整理業は複合的  三重県遺品整理生前整理

 

 

こんにちは、公福舎です

 

この時期のお片付け受注が多いのは周知の通りです

お盆というのは、日本に古くから伝わる風習。全国的には8月13日から16日におこなわれる先祖供養のための夏の恒例行事です。

東京などの都市部では7月13日から16日になるなど、居住地域などによっても時期が異なります。

 

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれます。亡くなられた方やご先祖様が、あの世と呼ばれる世界(浄土)からこの世(現世)に戻ってくる期間のことです。故人が生前を過ごした場所、主に自宅でお迎えして、再び戻っていくあの世での幸せ(=冥福)を祈る機会となっています。
行事のあり方は様々です
この期間までにコトを終えたい方々がたくさんいるという事です
この1か月で遺品整理作業と解体を含めた案件が3件続きました
弊社指定の解体業者も何なり受け入れてくれており、作業もお盆前完了をmustで片付け作業を含めて頑張っております
季節指数で言う上位季節期間である遺品整理や生前整理
今年も身体にムチをいれて頑張ります

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

遺品整理生前整理の今の事情 

 

 

 

こんにちは、公福舎です

 

さて今日は、季節がやってきたことを皆様にご報告です

 

去年と違う事が一つあります

去年とは何かが違う事があります

去年と同じように出来ない事があります

 

それは、、、、、、、、、

 

歳を重ねた事で一年後の今年、身体がいう事を効きづらくなってきたという事実

 

 

目の前の腰を屈んだ作業

ホコリの中での作業後の気管支のイロハ

粗大系統を持ちだした後の疲労度

休憩後の身体の動きの鈍さ

 

あげたらキリがない

 

キリがないのも素直に受け止めて商いをすること

それが志事です

 

決して仕事ではありません

何を隠そう志事です

 

志して事を成す

 

と言いつつ、若人と一緒になってお片付けをしている日々です

 

遺品整理というのはこの時期が年の中で1,2番目に受注が多い季節柄です

生前整理も含め、お片付けの分野では遺品整理が多い、、、、でっすっ!!!

 

さて解体も含めたくさん受注を頂いている以上、真摯に作業を今日もしています

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

思い出の数々 不用品との葛藤 遺品整理の実情

 

 

こんにちは、公福舎です

 

遺品整理の一つに、思い出のお片付けというワードを基に作業もしております

一言に思い出のお片付けと言いましても、残すモノ、処分するモノの整理を行い、自身たちにしか分からない思い出の品々を一品一品じっくり時間をかけて仕分けする

 

そのような過去の時間の思い出を振り返りながら整理する心の葛藤は、当人たちにしかわからない複雑な心境ではあります

 

よく耳にしますが、

「こんなん置いてるわ」

「こんなものまで取ってあるんだ」

「なんなんこれわ!!」

 

など、笑いながら故人のモノを片付けしていると聞きます

 

生前お酒が好きだった方は写真のような感じで、空き瓶の散乱が普通です

 

 

お酒というのは切っても切れない何かを紛らわす為のモノであるような気がします

特に遺品整理や生前整理などの片付けを通じて思う事に、孤独・寂しさなどをお酒に頼り一時的に解放されたいのでしょうか

 

独居とはいかなくても、一人の時間や、老後の長い一日のなかの時間の使い方がお酒なのかなと思う次第です

 

瓶が片付けられているのはその人の性格・その方の普段の生活スタイルが垣間見えます

人を通じて、作業を通じて、見積り時の場所を通じて色々な事を人生として教えてくれます

 

何事も考え方次第ですが、無駄なんてこれっぽちもありませんね

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

ここ最近の不用品処分お片付けの現実

こんにちは、公福舎です

 

GW前からのご依頼と、その後のご依頼4者様から頂いた案件が同じ傾向でした

それが下記画像のような状況です(写真はごく一部です)

 

 

 

 

 

世間の流れというのは偶然ではなく必然であるとつくずく思います

 

小売業であれば、今日なんでお客様がこんなに多いのか

なぜこの日のこの時間がこんなに来店者が多いのか

 

気温・イベント・季節・ひどり・仕事の合間・家族間の問題・子供の関係など、今回の傾向に纏わる関係性の共通な部分というのは少なかれありました

 

第一には、画像のような状況下の場合、長期休暇内で事を進めたい思いが一番ではないでしょうか

心の葛藤が長期休暇に何とかしたいご依頼者様側の思いに他なりません

 

足腰負担に相当な疲労度がかかる前かがみ作業ではありますが、日にち跨ぎをご理解して頂ける施主様ばかりですので当社としても時間配分に助かっております

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

不用品の具合・整理という片付け

こんにちは、公福舎です

 

ポカポカ陽気に恵まれ、おじさん連中が多い我らの業種

身体にはホント優しい時機到来

待ち望んでいました   笑

 

前号で書きましたコロナ状況下について、今回はゴミの内容を少し書いてみます

できる限り身内で整理を行い、最後の砦で業者依頼と書きました

 

そうなると困っている事の大半は、大きいモノと重いモノと手が付けれない汚れたモノなど、自身では手を付けたくない処分モノをどうするかといった案件です

 

大きいモノは食器棚やタンスが10竿ほど

重いモノは先代の残した昔ながらのモノモノです。例えば、婚礼タンスや重量工具など

汚れたモノは水分を含んだネチョネチョ系やホコリまみれの一部屋や二部屋

 

以上のようなケースの最後のフロンティアとして、弊社にご連絡頂きます  笑

 

どんなに大変だと思われるお片付けでも我ら公福舎は、作業を行えます

それが我ら公福舎の出番です

 

お気軽にお問い合わせください

喜んで伺います

それが遺品整理・生前整理・不用品処分などお片付け冥利に尽きます

 

ご安心ください

お任せください

 

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

コロナの影響下での遺品整理と不用品の関係

こんにちは、公福舎です

 

昨年の今頃、えらい騒ぎを起こし、セカンドウェーブからサードウェーブへ、そして今もなお続くコロナウイルスの萬栄

周到時期は見えず、ワクチンという予防注射がやっと出てきました

 

今後のコロナウイルスとの共存はどうなるか、我々庶民ではわからないのが実情です

 

このような状況下でのお片付け業界はさぞかし忙しいと思いでしょうが、実はあまり比例していないのが弊社であります

 

考えられる理由

・時間が出来て自身でできる限り整理を行っている

・知り合い同士で寄合い、片付けをしている

・家族間で連携して片付けをしている

 

頼まず身内で完結するといったお手軽気軽格安ご自身たちコースでの作業を行っているのが多くの理由です

 

知り合いのゴミ関係業者曰く、

「個人の方の持ち込み量が半端なく多い」

 

そういう中でありますが、弊社にくる案件で多いのが、ものすごい状況・ものすごい量の案件です

自身で解決できない問題を、業者依頼されるアウトソーシングに頼ると言った形です

 

こういう時こそ我が公福舎の出番であります

お困りごとの解決に一役買う   笑

 

ここ最近の遺品整理を含め、生前整理などの不用品処分を含めた片付けのモノの量の傾向として、トラック3台分程度が平均です

 

時間にして、5人で2日間ほど

 

ありがたい事に今の作業方法としましては、カギをお預かりして期限までの間こちらのペースで作業をさせて頂ける案件ばかりで、我々のお安くできる理由と相まって助かっております

 

例)トラック3台分相当として

●希望終了日 2週間後

●カギを預けてもらう

●途中、確認されるもよし、しないのもよし

●最終日を事前に案内して立ち合い確認

●納得して頂いたうえ、金銭授受

 

 

本日も少し離れたところでの作業です

 

大きな不用品などのモノモノは寒いこの時期、小さいモノを地道に搬出しながら体に血液が循環して汗ばんだ時に行わないと、ぎっくり腰になってしまいます

 

あと1か月もすれば暖かくなってきます

また違った働き方でお役に立てればと思います

 

 

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

最近の実情 お困り事は不用品というキーワード

 

 

こんにちは、公福舎です

 

早いものでもう1月も半ばです

天候は晴れ晴れ晴れと晴れ続きです

何とも気持ちよい晴れ晴れしい日が続いています

しかし、ちょっと極寒な時もありますが  笑

 

作業をしていて地味に辛いこの時期、靴下からドカーンと板版からやってくる冷たい温度攻撃です

ホント指先が冷たいです

 

回収作業や片付け作業は靴を脱いで行います

家内は解体以外、靴は脱ぎます

あとは、施主様宅事情で、靴脱ぎ作業OKもあります

 

大きなモノを搬出する際、靴の履き脱ぎが実は地味にキツイです  笑

 

 

時間制限は遺品整理や生前整理などの不用品回収のお片付けの際の時間の使い方課題でもあります

 

最近は、解体込み作業が2連続続いており作業効率は靴を履いたままできるのでとてもスムーズではあります

 

 

 

解体業務兼用作業というときは、一般の方が言われる不用品、それもドデカ不用品がとても多い傾向にあります

 

タンス

食器棚

キッチンボード

洗濯機

大型冷蔵庫

 

写真にあります感じです  笑

 

この積み方を考えながら積めるか積めないかの瀬戸際を積めたときの空間能力を楽しんでいます  笑

 

公福舎では常識範囲内で楽しみながら働いてくれるスタッフがたくさんいます

社内風土はアカゲンハキ(明るく元気にハキハキと)

 

今年もアカゲンハキでお客様のお困りごとの解決に向けて頑張ります

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎(https://koufukusya.com/)

 

 

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

不用品でお困りの方が

 

 

こんにちは、公福舎です

 

 

コロナが2ndウェーブを巻き起こしています

コロナが人が生きる生き方を変えていっています

コロナが何かを教えてくれています

 

時代にはその時代の地球上における変化に対応した証として今があります

 

人間には自然界から教えられた教訓をタイムリーに対応できる素晴らしい能力があります

 

我ら遺品整理・生前整理などのお片付け業界にもその傾向があります

お客様が不用品としてこの機会、今の機会に整理整頓を踏まえた片付けがまさしくそれです

 

「家にある不用品の処分で困っています」

「大きな不用品があるのですが。。。」

「不用品回収ってやってくれるの?」

 

など、お客様の家や事務所、仕事場にある不用品をどうにかしたいというお困り事が多数あります

 

12月ともなると年末キレイにして年を越し、新鮮な気持ちで新たな年を迎えたいという心理がそうさせるのです

 

我が社でもできる限り対応できるようスタッフを待機させ、フットワークを軽く適正なる対処で皆様の満足度向上を目指してラストスパートしております

 

今年一年誠にありがとうございました

来年も何卒よろしくお願い申し上げます

 

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓のご提供

 

公福舎

 

 

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

遺品整理より生前整理のいま

 

 

こんにちは、公福舎です

 

 

前号でも書きましたが、この時期は年末に向けた整理整頓作業が皆さんお盛んです

片付けにおきまして、去年とは全く違う現象が今年は起きています

 

遺品整理で多かった電話が今年は、生前整理や大きいモノの処分のお困り事、庭先だけを片付けたいといった本人の意向、両親のモノが溢れていて整理したいが断固として聞かない親の代わりにいくらかかるか知りたいので見積りだけでもしてください電話などなど、大きな案件から小さな案件まで幅広く電話を頂きます

 

去年の同時期より5倍は電話が鳴ります(実は嬉しいんです  笑)

 

なぜでしょう

なぜ5倍も電話が鳴るのでしょう

 

????????

 

事には理由が必ずあります

傾向にも必ず理由があります

理由なくして理由なしですので、その理由はたった一つでした

 

 

コロナの影響

です

 

 

コロナの影響で弊社リユースショップ(リトライアングル亀屋 https://retryangle.com  0596-52-7171)にも買取依頼が後をたちません

その中の電話でも、不用品(不要品)を何とかしたいといった電話が山のように鳴ってきています

 

その都度電話対応オペレーターがヒアリングを行い、お客様の悩みの解決先として弊社事業部(遺品整理生前整理の片付け部署)に電話を回しています

 

そのような連携を行いつつ、従業員一同お客様のお困りごとの解決に向けて取り組んでいます

 

今回のこちらの物件は、伊勢市のとある町でした

 

作業場所は伊勢市で、依頼主の方は店舗のふもと玉城町です

 

野立て看板を日々見ておられて、片付けのタイミングで記憶にある公福舎にお声がけして頂いたのがきっかけでした

 

 

 

 

繰り返し繰り返し軽トラ作業を行い、依頼主様のご希望の日時までにほどなく片付けが終えることができました

 

 

 

我が公福舎の特徴としまして、軽トラック満帆にモノを積み込むので、行きかう車や人々にしっかり見られます  笑

 

もちろん、ゴミが飛散しないようにしっかり養生しています

 

近隣、道中、もちろん依頼主の方々に迷惑が掛からない片付け作業のモラルは持ち合わせておりますのでご安心ください

 

明日も明後日も遺品整理や生前整理のお片付けにまい進します

 

 

お困りごとの解決

断捨離のお手伝い

整理整頓空間のご提供

 

公福舎

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る
1 / 1412345...10...最後 »
topページへ戻る
お問い合わせ
メールでお問い合わせ