遺品整理や生前整理などのお片付け作業時の雨はちょっと苦手

 

こんにちは、公福舎隊長の長戸です

 

 

雨が降れば降るほど夏へ近づくこの時期

お片付け作業を妨げてくれる雨はちょっと厄介です

 

 

 

本日は、解体も含めた案件です

 

 

 

ご依頼主は、他府県から当日立ち会ってくださいました

 

正直、値段を聞いてビックリされました

 

都会から来られた方です

 

都会相場を意識されており、田舎相場で提出した金額にビックリ

 

やはり都会相場は、処分費や人件費などの必要経費が高いので仕方のない現状だと思います

 

それに伴う遺品整理や生前整理などは、搬出作業後の処分作業が実は労力がいります

 

仕分け作業がその一つでもあります

 

ましてや処分費というのは変動しやすいのです

情勢の流れによって変動します

 

 

今回の作業の中に解体もありましたが難しくはない解体なのでスムーズに進んで完了

 

 

 

ここのエリアは公団で建て替えし、分譲地にする計画だそうです

 

松阪市も新たな新鋭な土地へと様変わりするのでしょう

 

キレイで心も見た目もリフレッシュはいいことです

 

本日のお片付け作業はトラック2杯分で大型商品が大半です

小物は半車です

 

 

 

チカラが必要とされた今回の敵は、雨

 

雨は好きになれないです。。。。。。。

作業と重なった時だけですが

 

 

 

 

 

 

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る
topページへ戻る
お問い合わせ
メールでお問い合わせ