季節柄、いい汗かけるこの時期の作業風景

 

 

こんにちは、公福舎隊長の長戸です。

 

 

寒さが日に日に増してきているここ最近です

作業着の中に着こむインナーもハイネックとTシャツの2枚重ね

作業中、汗がかけてくると1枚脱ぎで作業という、中途半端な季節と言えば季節な11月です

 

着替えがないと風邪をひく原因になるので体調管理には十分気を付けている公福舎です

 

 

 

 

本日の現場は、従業員の知り合いからのご紹介で頂いた案件です

それはもう相当なモノの量です

家財、粗大、資源、ホコリ、暗闇、布団、ケース類・・・・・・・

それはもうホント凄いモノの量!!!!!

 

ここはごく一部です  笑

 

 

それがしかし、施主様の「持って行って欲しい・残す」といった搬出の線引きがなされており残モノが大半でしたので作業的には3日間に渡って完了

施主様は、出入り口と頻繁に生活で利用する通路を先ずはキレイに整理して、そのあと自身で落ち着いて整頓したいという思惑でした

 

 

今回の作業の3日間とは、1日4h×3日という、施主様の先ずの早急対応が希望でしたので遺品整理というよりかは、お片付けがメインです

 

 

 

今回はまんべんなくな重いモノも軽いモノものがありました(このセリフの基準は我々にしかわかりませんが  笑 )

搬出経路に少し苦労はしましたが季節柄、秋という事で500mlのペットボトル1日1本で終了です (笑)

 

 

この食器棚各3つパツンパツンにたくさんの食器類がありました

この左右に実は、食器棚が3つありましたが。。。。。。

それもパツンパツン   笑

 

 

 

 

家財の再活用を如何に行うか

公福舎に課せられているタスクです

 

 

eco

ゴミの軽減

きれいな街づくり

 

課題がヤマズミです

 

 

 

 

 

真心サービスのお約束

遺品整理・生前整理・不用品・あと片付けの公福舎

 

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る
topページへ戻る