こんな見積もり現場も・・冷汗

こんにちは、公福舎隊長の長戸です。

 

 

梅雨の季節ですが、今年は暑かったり急に強雨になったりで毎日の体調管理が大変ですね。

 

今月始めちょっと変わった見積依頼があった時の事をお話します。

 

依頼者は亡くなった老人男性の妹さんで大阪在住で現場は伊勢市の内宮近くのアパートでした。

前日お亡くなりなったばかりで大阪から急遽駆けつけられて当社の関連会社を通じての依頼でした。

 

何はともあれ、早速現場のアパートに駆けつけ見積もりをと思いましたら2DKのアパートになナント!!!!!

ご遺体がそのままに

 

 

見積もりするにしてもご遺体の近くに家財道具が多々あり思うように出来ず。。。。。。

 

とは言ってもしなくてはならない。

ましてやご無礼なことになってもいけないし冷や汗たらたらでの見積もりとなりました。

 

なんとか無事に終え、次の日の午後に作業開始となり、作業完了後、依頼者もお骨をもって大阪に帰られました。

 

亡き兄のためとはいえ、役場への書類関係・賃貸アパートの契約関係・ご近所への挨拶・車の処分など、依頼者の妹さんはすごく大変な2日間だっただろうと察しがつきました。

 

当社にも感謝していただき、こちらこそという思いでいっぱいでした。

 

 

 

 

 

 

真心サービスのお約束

遺品整理・生前整理・不用品・あと片付けの公福舎

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る
topページへ戻る
お問い合わせ
メールでお問い合わせ