倉庫・工場のお片付け(廃屋)

こんにちは、公福舎隊長の長戸です。

 

 

先日、亡くなった方のご子息から、津市の実家の遺品整理のご依頼を頂き、ついでに実家が工務店をされていたこともあり資材倉庫の片付けもしてほしいとの要望で、作業をさせて頂きました。

 

こういったケースもときどきあり、納屋や中には山小屋であったりしたこともありました。

 

どんなケースでもしっかり対応させていただくことが、当社のモットーですのでまずご連絡いただければ、できる限り要望に添えるように努力しますのでお任せください!

 

 

img_0820

 

 

img_0676

 

 

img_0691

 

 

 

 

 

 

真心サービスのお約束

遺品整理・生前整理・不用品・あと片付けの公福舎

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

虫の知らせ

こんにちは、公福舎隊長の長戸です。

 

 

 

 

師走に入り、大掃除・片付けで大忙しになって来ている毎日ではないでしょうか!

 

昨日松阪市嬉野新町のアパートの遺品整理でのお話を紹介します。

 

ご依頼人は、70過ぎのご老人とそのお孫さんでした。

 

お話をお聞きしますとそのお部屋の住人はご老人の次男で51歳(享年)だそうです。

 

そのアパートの家賃をある事情でそのご老人が6年間支払ってきてその間、次男とも疎遠になっていて、知っていることはというと近くの飲食店に勤めているとのぐらいでした。

 

10月の末日に突然、次男から、母さん(老人)今晩実家へ帰るからとの連絡を受けて帰ってきて、お酒も呑み就寝したところ、突然次男の様子がおかしくなって、部屋へ見に行ったところ苦しそうにしていて、急きょ深夜に近くの大学病院へ救急車にて搬送したところすでに息を引き取っていたそうです。

 

原因は急性くも膜下出血。

 

虫のしらせというかこれをなんと言うのでしょう、そのご老人の目の涙に私ももらい泣きをしてしまい無念のこころ内を察してあげることが出来たのでしょうか。

 

日々色々なご事情のお話聞くと我が身もしっかり人生に対して向き合う気持ちが自然と沸き起こってくるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

真心サービスのお約束

遺品整理・生前整理・不用品・あと片付けの公福舎

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る
topページへ戻る