自宅の倉庫のお片づけ

こんにちは、公福舎隊長の長戸です。

 

本日は、久しぶりにいいお天気です。

こんな日はもうすぐやってくる梅雨の前に家のお片づけをしてみてはいかがでしょうか!

 

今回は、津市香良洲町のある方からのご依頼を紹介させて頂きます。

 

依頼者のお姉さんが以前に当社でお方付けをされておりそのお姉さんからのご紹介で今回、妹さんの家にある倉庫をお片づけさせて頂ました。

 

その方の話によると先代のおばあちゃんの時からの、物も一緒になってあり、結局2トン車2台に満タンと軽トラック3台分という大変な量となり、それでもその妹さんは、物に思い入れが強く、いざ作業が始まると捨てようと心に決めていた物も

「やっぱり残そかな、いや捨てようかな」と、

心の葛藤があり、当社の作業員が1つ1つ確認しながらの作業となりました。

 

いつも思うのですが、本来は、人が物を支配しなければならないのが、逆に物にだんだん支配(生活環境も含めて)されていくのだなぁと知らず知らずのうちに・・

結局その方もご主人との相談しながら、大半の物は処分することになりました。

 

このブログを見て、あっ「うちの家も」と思った方は、いつでもお気軽に0120-45-5029までお電話くださーい!

 

IMG_2019

 

IMG_2021

 

 

 

 

 

真心サービスのお約束

遺品整理・生前整理・不用品・あと片付けの公福舎

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る

突然死

こんにちは、公福舎隊長の長戸です。

 

ゴールデンWEEKも終わり、長い連休であった方は休みボケで仕事に身が入らないのではないでしょいか!(笑)

 

さて今回は、この連休中、桑名市からのお客様の案件をご紹介させて頂きます。

 

今回のタイトルは「突然死」となってますが、最近よくニュースで見る事件でこの前も大阪駅の近くで車が突然暴走して、歩道を走ったり、逆走したりする怖い怖い事件がありますよね。

 

今回の依頼主(息子様)のお父様も、自動車運転中に心筋梗塞となり近くの歩道に突っ込んでそのまま帰らぬ人となってしまったそうです。

よくよくお話しを聞いてみると今年の初めも心臓の具合が悪く、2週間ほど入院されておられたそうです。

 

享年62歳で10年ほど前から一人でアパート暮らしをされて、つい最近また、昔のキャリアを生かして自動車に携わる仕事をはじめた矢先でした。

 

しかし不幸中の幸いで、他人を巻き込むことなくすんだことが何よりだったとご親族も胸をなで下ろしておられました。

 

私も車を運転することが多いこの職業ですし、しっかりと自分の体調管理には気を付けなければならないと再認識することにしました。

 

 

 

 

 

真心サービスのお約束

遺品整理・生前整理・不用品・あと片付けの公福舎

三重県で遺品整理をお考えなら公福舎にお任せください! 公福舎トップへ戻る
topページへ戻る